ISO27001でビジネスをスムーズにしよう|ラクラク効率化

男性

環境に貢献する目的

パソコンを操作する人

ISO14001は組織が環境に対して行うマネジメントを定めた、国際的な標準規格です。ISO14001が求めるPDCAサイクルに沿って、組織が目標を掲げて活動を実行して、それを確認しながら足りないところは改善していくことが必要になります。

もっと読む

ISO規格と環境配慮

オフィス

最近ではISO14001が企業のイメージアップのために重要視されている。このISO14001とは環境マネジメントシステムのことで、環境に配慮したサービスを行なっている企業が取得できるものを表している。

もっと読む

環境ISOの概要

社内

概要とメリット

環境マネジメントシステムの仕様を定めた国際規格をISO27001といいます。このISO27001を取得することでのメリットとしては、第三者による審査を受け、その審査に合格することで認証を取得でき、利害関係者からの信頼を得ることが出来ることです。近年ではISO認証は一部の顧客からの取引条件の一つになっていることもあり、認証の取得は必須となる場合があります。また、適切に環境マネジメントシステムを運用していくことで、様々なメリットが生まれます。環境負荷の低減や省エネ等によるコスト削減がされ、環境リスクの低減が図れます。また業務手順やルールが明確になることで、業務の効率化や改善化が図られることもメリットとして上がります。何より役割や責任が明確になり、一人一人が自分の役割を自覚できるようになります。

継続した維持管理

ISO27001などの仕組みを何も持たずにやろうとすると、一過性の活動になってしまいがちだが、環境マネジメントシステムを用いることで、効率的かつ継続的に進めていくことが出来ます。こうしたシステムを運用するにあたり注意すべき事項は、継続した維持管理がされていくかという問題が挙げられますが、ISO27001の場合は、認証を一度取得したら終わりではなく、毎年審査を受けそれに合格して、維持していく必要があるので、継続して環境マネジメントシステムを運用し、規格の要求事項を満たし続けてていかなければなりませんが、この仕組みが維持管理面での鍵となります。認証を継続する為にも、日常のPDCAサイクルを基礎として、環境マネジメントシステムを継続的に運用し、改善を図っていくのが大切となります。

環境方針を定めて

IT

ISO14001を認証取得するためには、規格の要求事項を満たさなくてはなりません。その中には最高経営者が環境方針を定めるという項目もあります。方針を定めるにあたっては、その組織で働いている全従業員の理解が重要になってきます。

もっと読む