ISO27001でビジネスをスムーズにしよう|ラクラク効率化

メンズ

環境方針を定めて

IT

要求事項が大切

環境マネジメントシステムを構築するに当たっては、ISO14001の規格の内容を理解することが非常に重要になってきます。序文の中の継続的な改善と、法規制の順守はISO14001のコンセプトを理解するうえでのキーワードになります。ISO14001は序文から付属書までいくつかに分かれていて、さらにISO14004というガイドラインがありますが、その中で特に重要になってくるのがISO14001の環境マネジメント要求事項になってきます。この要求事項を理解することが認証取得の第一歩となります。環境マネジメントを作成するときには、要求事項を満たしていることが必要で、規格に適合しているかどうかが審査の対象になります。

最高経営者の意思の表明

規格の要求事項は一般要求事項を除いて、環境方針から経営層の見直しの17項目になっています。これを満たせばISO14001を認証取得することが可能になってきます。この要求事項を理解したうえで環境の目標管理制度を作って、プラン、ドゥー、チェック、アクションに沿って継続的に改善するためのマネジメントシステムを構築することが求められています。環境方針を定めるのは最高経営者の責任です。最高経営者とは組織の最高責任者、たとえば社長や工場長とか、支店長が該当します。規格の要求事項ではこれら最高経営責任者が環境方針を定めることを要求しています。環境方針は最高経営層の意思表明であり、その組織で働く全従業員の理解が重要になってきます。