ISO27001でビジネスをスムーズにしよう|ラクラク効率化

メンズ

環境に貢献する目的

パソコンを操作する人

目標と活動を定めて実行

ISO14001は、環境をマネジメントするためのシステムを定義した、国際的な標準規格です。環境をマネジメントするとは、企業や自治体などあらゆる組織が行う活動によって、環境に及ぼす影響をできる限り軽減することを目的としています。どのような業種であっても、電気を消費するとか、ごみが排出されるといった環境に影響が出る活動があります。それらが環境に悪い影響を与えないように、組織ごとに目標を定めて実行していくわけです。ISO14001の基準を満たす環境活動をすることによって、環境へ貢献できる上、組織内の活動に無駄がなくなりコストを削減することが可能です。また、組織外の人々に環境について考えている組織だと認知してもらえるので、イメージアップにつながります。

モデルに沿うプロセス作り

ISO14001の認証を取得するためには、PDCAサイクルをモデルとした、環境活動へのプロセスが必要になります。PDCAサイクルとは略語です。PはPlanで組織の方針や目標を定め、DはDoで目標に向かって実行する活動を決めて実行します。そして、CはCheckでその活動が目標が達成できるように実行されているかを確認し、AのActionは確認の結果足りないところがあれば直していきます。これを継続して改善を試みるというサイクルが、PDCAサイクルなのです。ISO14001では環境活動で出された結果よりも、どのように環境活動を行うかという過程を重視しているのが特徴です。プロセスは組織内での情報共有をするためにも、審査で証拠を見せるためにも必ず書式化されている必要があります。